指揮者・トレーナー陣

指揮者

石川 和紀

宇都宮短期大学付属高等学校音楽科、武蔵野音楽大学器楽科卒業。ヴァイオリンを星野和夫、大久保修、萩原耕介、西田博、指揮を山本郁夫、汐澤安彦、作曲を原谷宏、立原勇の各氏に師事。東京国際音楽療法専門学院にて指揮法、音楽理論の講師を務める。平成21年度宇都宮市民大学講師。現在、メルクルディ・フィルハーモニー管弦楽団、池袋チェンバーオーケストラ、千代田さくらチェンバーオーケストラ、秩父市民オーケストラ、ヤマノミュージックサロン東銀座オーケストラ、ヤマノミュージックサロン池袋オーケストラ、宇都宮シンフォニーオーケストラ、混声合唱団ヴォーチェキアーラ、弦楽合奏団アルチェ・エ・コーダ、トウキョウヴィエールアンサンブルの各団体にて常任指揮者・音楽監督を務める。
 ・オフィシャルサイト

トレーナー陣

バイオリン・ビオラ

田中 真理子先生(バイオリン)

武蔵野音楽大学附属高等学校卒業。同高等学校在学中、2回の選抜コンサートを経て、第9回武 蔵野音楽大学附属高等学校音楽科在校生と新卒業生によるコンサートに出演。同大学器楽科に進学し、在校時2回の選抜コンサートに出演。第11回"万里の長 城杯"国際音楽コンクール弦楽器部門大学の部第4位(1位なし)入賞。平成21年度、 同大学を卒業。同大学卒業演奏会、岡山県と神奈川県の新人演奏会、同大学新人演奏会に出演。現在同大学院器楽科に在学中。同大学管弦楽団のコンサートミス トレスを務め、選抜学生によるコンサートに出演。同大学室内管弦楽団に所属する傍ら、幅広い分野で音楽活動を展開している。ヴァイオリンを嶋田利子、矢嶋 佳子、G・ フェイギン、深山尚久の各氏に、室内楽をS・ナジ、K・グントナー、井上久美子、深山尚久の各氏に師事。

 

金澤 彩香先生(バイオリン・ビオラ)

 

平田 恵先生(バイオリン・ビオラ)

山口県出身。3歳よりヴァイオリンを、20歳よりヴィオラを始める。

武蔵野音楽大学附属高等学校を経て、同大学器楽学科卒業、同大学特修科(現 別科)修了。

高等学校在学中に選抜コンサートに出演。特修科生による修了演奏会に出演。

これまでにヴァイオリンを光永俊彦、十川真弓、菅原英洋、故K.グントナー、G.フェイギンの各氏に、重奏を小池ちとせ氏、室内楽をC.ドル、S.ナジ、Z.ティバイ、G.フェイギン、R.ダヴィドヴィッチの各氏に師事。

また、草津国際音楽アカデミーにて、S.ガブリロフ氏のマスタークラスを受講。

現在はフリー奏者として、オーケストラや室内楽で活躍中。

メルクルディ・フィルハーモニー管弦楽団 ヴァイオリン及びヴィオラトレーナー。

 

 チェロ

浅井 智佳子先生

千葉県習志野市出身。
千葉県立幕張総合高等学校卒業。
武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科チェロ専攻卒業。
これまでに、チェロを白神あき絵、勝田聰一の各氏に、室内楽をZ・ティバイ、K・グントナーの各氏に師事。
また、タマーシュ・ヴァルガ、フランソワ・バドゥエルのマスタークラスを受講。
現在、フリーチェロ奏者としてオーケストラや室内楽を初めイベント演奏等、様々な場で幅広く活動する傍ら、後進の指導にもあたる。

 ファゴット

泉田 章子先生

武蔵野音楽大学卒業。第11回「万里の長城杯」国際音楽コンクール優秀賞。武蔵野音楽大学茨城県支部新人演奏会出演。第35回茨城県新人演奏会出演。ファゴットを岡崎耕治、岡本正之の両氏に、室内楽を中川良平氏に師事。(財)いばらき文化振興財団登録アーティスト。(財)いばらき文化振興財団音楽出前講座出演。現在、室内楽やオーケストラ等で活躍中のほか、東京都内や茨城県内で後進への指導、講習会等でも活動中。音楽教室ステラ・ルナーレ・ソラーレ講師。ハーツ・ウインズ、ふぁごっとーん、メリーベアーズ木管五重奏団メンバー。

 

オフィシャルブログ

ふぁごろぐ http://s.ameblo.jp/akiko-fg

 

 

 オーボエ

菊池 奈緒先生

 

 トランペット

山崎 幸奈先生

静岡県出身。12歳よりトランペットを始める。

静岡県立清水南高等学校芸術科卒業。武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科トランペット専攻卒業。

学内選抜生による「室内楽の夕べ」出演。

同大学静岡県支部新人演奏会に出演。

トランペットを関山幸弘、岩田恵子、室内楽をロジャー・ボボ各氏に師事。

2010年、カナダトロントで開催されたIWBCInternational

 Womens Brass Conference)にジャパンレディースブラス メンバーとして参加。

現在、ソロ、アンサンブル、吹奏楽、オーケストラの演奏活動を行う傍ら、後進の指導も行っている。

 

 

携帯電話用ページ
携帯電話用ページ

ツイート